御堂筋パレード

関西訪問3日目の11月3日は18年ぶりの優勝を果たした阪神タイガースの御堂筋パレードの日でもあった。

たまたまとは言え歴史に残るであろうイベントが行われる日にその地を訪れている以上見逃すわけにはいかない。

開始15分前にスタート地点の淀屋橋に着き地下鉄より路上に出たが凄い状況である。

降りしきる雨、熱気ムンムンの観衆、轟音を轟かせて上空を旋回するヘリ。歴史に立ち会うという興奮で当方も胸が熱くなった。

そしてパレードの開始。車が近づくと後方の人も見えるように皆傘をたたみずぶ濡れになって声援、感謝の声を送る。

必死で背伸びをしてなんとか井川、今岡、田淵等の姿はとらえた。雨にぬれた髪をかきあげる井川の格好のよさよ。沿道の観衆が感激に震えた5分弱であった。

パレード終了後、阪神百貨店に行ってみるとここも阪神のユニフオーム(上着)を着たフアンで一杯であり関西が阪神の優勝に狂喜している様がよくわかる。虎を勝利に導いた星野が2年で去るのは寂しいが渋ちん球団とよく闘い結果を出したものである。

きざな言いようであるが実際に現場に立会い今日の雨は星野との決別を惜しむフアンの涙雨にも受け取れた。快晴の空の下のパレードよりこれはこれで良かったのかもしれない。