まこ

まこ
ブス猫というより一見すると小汚い不気味な感じの猫の写真集。
これが今、このての本としてはバカ売れに近いらしい。先日買い求めた本書は8刷である。
今日覗いた本屋でも7冊ほど平積であった。今月号の週刊文春にも採り上げられている。
知人のYさんにブログを教えてもらい知ることとなったが、はまってしまった。
この「まこ」自体も風貌、暮らしぶり共におもしろいが、一番和むのは作者のコメントの歯切れよさだ。「まこ」と「しおん」2匹の猫の日常や力関係が綴られており、疲れたときの癒しには最高である。老い先短くなった時に身辺に好きな本を100冊ほど残しそれを何度も読み直してその日を迎えたいと言う文化人がいるが、自分自身それに近い思い入れを感じる一冊である。
それにしてもこのシャ-プなコメントを捻り出す飼い主のお姉さんは只者ではない。

2 Comments

sawayama

ねこ鍋
なんとまったりした映像であることよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です