広島の哀しみ

広島カ-プの新井選手がFA宣言した。これで来シ-ズンのカ-プから黒田、新井という
投打の大黒柱がいなくなることは確実になった。
高い報酬、優勝可能性というプロスポ-ツ選手の究極の夢がかなう可能性の低いチ-ムに決別し新たな新天地を求めねばならぬ選手達、そして殆ど傍観に終始せねばならぬフアン
(多くは広島県民)に同情を禁じ得ない。
プロ野球は、ここ数年で劇的な変化を遂げた。巨人、阪神、中日、ソフトバンクの金満球団、オリックス、広島、西武の人気・採算いまいち球団、そしてそれ以外のトントン組と明白な3構成である。金持球団が貧乏球団のスタ-達を金で買っていくという構図に興醒め感は年々強くなっていく。ひいきの虎もいつの間にか巨人に横並びであり近年の戦績より数年前までの貧弱な戦力で勝ち負けを繰り返していた頃のほうに、今ではより強い愛情を覚える。「来年からはお前よりカ-プに肩入れするからな」という心境だ。
umi
国民が大リ-グに目覚め、大リ-グも巨額の金を投じての戦力増強競争だということが分かるようにはなった。ただそれでも大リ-グには戦力均衡の為に様々な制約が課せられており共存共栄を果たしてゆこうという明確な方向性がある。
日本の場合は世間の風潮と一緒で、基本的には「自分さえよければ」そして「金・金」である。現在は球界も繁栄を謳歌していても国民もそれ程あほではないぞと強く感じる。
広島カ-プのように小さい地方の経済圏で今後も展開してゆく球団は今まで以上に翻弄され続けるのであろう。自前で育てたスタ-を油の乗り切った時にあっさり金でさらわれてしまう悲しさ、悲哀。
尾道、福山、過去に旅した街々の印象がすこぶる良かったことも相俟って広島カ-プへのそして広島県民への深い同情の思いがこみ上げる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です