深まる秋

hujisann
事務所のドアを開けると眼前に広がる風景である。
この時期は一雨毎に富士のすそ野の白い領域が拡がる。
本格的な冬の到来状況を眼で日々確認しているようだ。
富士は本当に美しい山だと思う。
日本人が文字を有するようになり幾多の先人がその思いを残しているが、日頃見慣れた
人でも感動を新たにする景観に初めて接する人の驚きと感動は如何ばかりやと推察する。

気分が今ひとつ乗らぬ時や、落ち込んだ時、気高いまでの美しさ、神々しさで自分を叱咤
してくれる存在のあることの喜び、神を崇めるような清明な心持のする日々である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です