寂しい乗車

yado
静岡までは三島駅よりJRの在来で約1時間。
県庁への申請、講習会、会の行事と出かけることも多くひとときの乗車は楽しみであった。
富士山、由比から臨む駿河湾と美しい風景も拡がる。
ところが、ここ1年で旧式の箱型列車は殆ど一掃され山手線を走るような対面式列車ばかりになってしまった。がっかりである。文庫本で時間を潰すのがせきのやまである。
なんでもかんでも新しいものにせず、古くても情緒あるものは残して欲しいものだ。
新幹線の眺めにくい窓の設計といいJRには少し?。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です