初笑い

ke-si-
所要で伊豆の国市役所へ行ったところ、寄席のポスタ-が掲示されており、なんと尊敬するケ-シ-高峰博士出演となっている。チケットを早速買い求め20日の夕刻小雨降る中伊豆長岡まで出かけた。

トリを勤めた為、博士の登場は開演後2時間近くなってからであったが、いつもの白いドクタ-姿で現れると会場中大拍手である。演技する前にその風貌で笑いをとる人も珍しい。真面目に医学の話を語っているようで、途中に落ちがあるという毎回のパタ―ンであるが、余りの下らなさが妙におかしく術中に落ちていくという感じである。
朝日新聞に自身のガン闘病記を綴っていたがもう74歳とのこと。人生を早期に胃がん(依願)退職することなく、まだまだ笑わせて欲しいものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です