幻の吉報

春の選抜の出場校が発表された。
東海地区秋季大会のベスト4に入った常葉橘の主軸を知人のSさんの息子さんが担っていることもあり常葉橘の動向が気になったが、残念ながら夢は叶わなかった。一時Yahooの掲示板で当確との誤報が出て混乱したようだが、歓喜から一転して失意の淵に突き落とされた選手たちの心情を思うと誠に可愛そうである。
新聞でも「幻の吉報」として随分報道されている。
甲子園
昨春の選抜を制して以来、静岡は今、常葉菊川の天下である。
プロのドラフトにかかりそうな有望選手も多く、昨年は夏の決勝、秋の東海大会の準決勝と2試合観戦したが、ともかく強い。がっちりした選手たちのフルスイングを見ていると高校レベルではないと感じる。優秀な指導者の下に有望選手が集まり益々戦力アップしてゆく現状は神奈川県に於ける横浜高校と同じ図式である。今後はどこが菊川を倒して甲子園出場を果たすかということに関心が移る。
それにしても一年一年高校野球への期待、愛着は深まる。様々な矛盾も包含していることも分かるが、全ての試合がワ-ルドシリ-ズ最終戦のようなト-ナメントの緊迫感には胸を打たれる。アマチュアリズムを忘れることなくこの隆盛を維持して欲しいものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です