酒場の灯

灯り

呑ん兵衛にとり飲み屋の灯りは、何かほっとした想いを抱かせる。
小さな露地にこれまた小さな店が雑然と軒を並べる風景など誠に心が和む。
とは言っても、ここ数年の間に個人経営の飲み屋も少なくなった。
10年近く通った沼津の「酔亭屋(よってや)」というお店が店仕舞いした時は本当に残念だった。沼津、三島の駅の周辺も大手チエ-ンの支店ばかりが目に付く。

夕刻TVで「はぐれ刑事純情派」なる刑事ドラマがよく再放送されているが、ドラマのラストは藤田まこと演じる安原刑事が真野あづさ演じるスナックのママと談笑する中で堀内孝雄のエンディングテ-マが流れて来るという設定だ。

自宅より徒歩で通えるような至近の距離に女優の余貴美子さんに良く似たママの経営する止まり木があり気分の冴えない夜など静かに語らえる時間が持てたらいかに楽しいかと夢想してしまう。

2 Comments

松波

そうか・・・酔亭屋は閉店したのか・・・
寂しいですね。私も、新年度から環境が変わり
落ち着きない生活をしています。黄金週間ぐらいに
詳細をメールします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です