千本浜から

イズ

11日は今年初めて千本浜へ。
千本浜へ来ると長い時は2時間くらい過ごしてしまう。
まづ富士方面に小一時間ほどトコトコ歩く。富士のきれいな季節は最高だ。
富士を眺め、大平洋を眺め、心地よい潮風を受けながらの散策は至福の時間だ。

切の良い所で踵を返しまた沼津港方面へトコトコとリタ-ン。
今度は伊豆の山々と蒼い海とのコントラストが目を楽しませてくれる。
スタ-ト地点を通り越して10分ほど歩いたところに「猫だまり」があり猫の多い日はつい時の経つのを忘れてしまう。
最近はコロコロした毛並みのきれいな猫が4匹いるが、けっこう美猫であり人馴れしているところを見ると元飼い猫かもしれない。定期的にエサをあげている人もいるようだ。
飼い猫の境遇とノラの境遇とどっちが快適か聞いてみたいところだが「寒い時期は室内のほうがありがたいです」と猫も言うような気がする。ともかく春までは頑張るべし。

散歩の終点は若山牧水記念館辺り。千本浜の景観を愛し終焉の地と定めた人だ。
白鳥は哀しからずや海のあお空のあおにも染まず漂う
まだ若かった頃、その感傷さ故に、好きだった歌人であり氏の故郷である宮崎県尾鈴町も訪ねたことがある。気が向けばそんな歌人の足跡すら振り返ることのできる千本浜は誠に、素敵な場所だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です