湯河原梅園

湯河原

快晴の土曜日はJRで湯河原へ。
「熱海と並ぶ梅の名勝」と評判の湯河原梅園を見に出かけた。
梅の配置や雰囲気の繊細さは熱海が良いようだが湯河原は幕山の裾野に梅園が広がる感じで背景になる岩山が借景となり、これはこれでまた秀逸だ。

幕山の山頂へと向かう途中柱状の巨石が並んでそそりたっており、ロッククライミングに挑戦中の人も多かった。先日、沢木耕太郎の「凍」を読了したばかりであり山野井夫妻のことなど脳裏をよぎった。なかなかハ-ドかつストイックな挑戦だ。

梅は七分咲き。盛りはこれからだが風もなくぽかぽか陽気であった。
園中どこに陣取って食事をするのもOKという扱いのようであるが、シ-トやビ-ルを持参して一杯飲れれば至福の時間が過ごせたかと思う。
梅園見物の後、町立美術館に足を伸ばし、帰路の三島でその悔しさは晴らしたが・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です