暗黒時代

風船

虎が危うい。36ゲ-ム終了して原巨人に早くも10ゲ-ム差だ。
幾ら「一生懸命やっている」と言っても勝負事は結果だ。
監督の真弓も「良い奴だから、阪神OBには珍しく男前だから」では済まない。

いま前阪神監督の岡田の人気が高い。阪神戦の解説がおもしろいのだ。
今年もT-Gの一戦を解説で聞いたが、確かに岡田の読みは鋭い。
「ふぐちょうちんに似たあの顔のどこに、こんな洞察力が?」と感心してしまう。
連敗の続く真弓の采配を岡田がバッサリやる状況が続くと最後は「もはや岡田しかない」という流れができて又来年は岡田がユニホ-ムを着ているのではないだろうか。
一時人気の高かった掛布も個人的に破産寸前の状況であり、小林繁と同じ道を歩みそうだ。

いつの間にか金満球団になってしまった財力にもの言わせ、金本、新井を取ってきて格好はついている阪神もドラフトや外国人捕強は散々の年が続く。
球界OBの豊田泰光が「金本、下柳、矢野の次の時代をどうするかは関西では子供達でも考える大きな問題」と記していたが、確かに今のままだと暗黒時代の再来は近い。
「ペナントよりオフのほうがおもしろい」という嘆かわしくも楽しい日々がまた来るのかそっちのほうの興味が尽きない。

まあ、ともかく本年は阪神の戦跡より吉田えりちゃんがどこまでやるかが小生のプロ野球観戦の楽しみだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です