2009年ドラフト

今年のドラフトも終わった。
注目の菊池君は西武に決まった。西武の強運、恐るべしである。
清原、松坂に続き今回は菊池まで射止めてしまった。
人間にも強運のもとに生まれ歴史にまで名を留める者も出てくるが、ドラフトに関する限りまさに西武はそんな感じだ。
堤一族の暗躍ぶりもあり決して清新な企業イメ-ジばかりを振り撒いている訳ではないが、「しぶとき者は、これまた運まで強し」と無力感にすら捉われる。

ただ、菊池にとっても西武の一位指名は良かったのではないだろうか。
松坂の前例もあり早い時期にメジャ-に行けるはずだ。
尤も菊池が松坂並の実績を残せばのことであり彼が大成するかは神のみぞ知るところである。

null

一方、西武の強運ぶりに比し我らが虎は、遂に一位指名の競合クジに敗れること実に11連敗となった。ここまでくると強運などという言葉には縁のないわが身と照らし合わせ愛おしさすらわいて来る。本当に御苦労さまである。
来年のドラフトも有望選手テンコ盛りであるが、期待を込めた報道ばかりが先走りしふたを開けてみるとまたクジに敗れるというしょぼい結果が今から目に見えるようだ。

とは云いつつ、今年の阪神のドラフトは久しぶりの成功ドラフトであったと評価はしている。大学球界の左右のNO1投手をダブルでゲットするという離れ業ができるなどと思ってもみなかった。「他球団の評価がそれほど高くなかったのでは」という一抹の不安は残るが期待するところ大である。

null

ドラフトが一段落するとこれからトレ-ドなどの補強活動が活発になってくるので日本シリ-ズ終了後は特に楽しみな季節となる。
ただ今年に関する限りひいきの林ちゃん(林威助外野手)がトレ-ド候補と盛んに報道されており、現に秋季キャンプのメンバ-から外されたこともあり説得力を感じている。
しばらくはハラハラ心配する日々が続きそうだ。

2 Comments

sawayama

その指摘は米さんかと推察しますが・・・。
小生は広島のように一から選手を育てチ-ムを強化しようとする姿勢が尊いと思うのです。
だから金で優勝を買うような姿勢には共感できません。
(でも本当は来期が楽しみです。)

こるぞうブログ読んでいます。
ゴルフコンペの写真に知っている人はいませんでした。米さんでなかったらコメントいただいた方、ごめんなさい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です