年明け

null

年末年始も瞬くうちに過ぎ去り今日はもう七草である。
また今年も花咲き、猛暑の夏を迎え、樹々が紅葉し季節はあっという間に過ぎ去るのだろう。
齢を重ねる毎になぜこうも時の移ろいが早いものか。

暮れには故郷鹿児島へ帰省した。
20年ぶり位に中学校時代の同窓会にも参加しいつもとは少し趣きの違う正月であった。
離れて既に30年近くなろうとする故郷を冬休みの間車で走っているとなんとなく箱庭の中を移動しているような気持ちがする。
「小学校時代あれほど遠かった通学路もこんなに近い距離だったのか」というそんな思いだ。
或る点を起点としてどんどん遠くへいってしまっているような寂寥感を感じてしようがない。
毎回そんな想いのみが強まる帰省である。

鹿児島を後にする日に霧島神宮に足を伸ばし初おみくじを引いたが「小吉」であった。
「大吉」は「大吉」で嬉しいが、自分自身としては「小吉」「末吉」も好きである。
日々こつこつやってゆくことの大切さを示唆してくれるような気がするからである。
週末の3連休で少し骨休みしてまた今年も頑張ってゆかねば。

2 Comments

laforet

こωばんワン♪

昔懐かしい友人との再会は、その当時にタイムスリップできてなんとも言えない充実感を感じますよね~
でも私もそんな再開を随分していないことに気づきました。
今年は少しずつ連絡を取り合っていこうかなって思ってます。

誰だか解らなかったか~~
私のblogも見てくださいね
My Life My Style
http://mylifemystyle1959.bl

すぐに解ると思います~

sawayama

すぐ正体を見極めました。
健康に留意して本年も頑張りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です