ドラフト2012

今年のプロ野球のドラフトも終わった。
阪神も久しぶりに良いクジ運であった。
甲子園で活躍した藤浪、北條の二人の高校生が順調に成長し2,3年後主力に育ってくれれば万々歳だが、思惑通りいくかは「神のみぞ知る」である。
日頃クジ運の悪いチ-ムに盆と正月が一度に来たような慶事の裏に今一つ隠されたものがあるようで、楽天的でないフアンは裏読みしてしまう。

パッとしないまま終わった2012年の阪神の戦績であったが、藤浪を引き当てたことで監督の和田も幾分はフアンの好感度アップであろう。今回のドラフトで全ての運を使い果たしたと言われぬような来シ-ズンになって欲しいものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です