夢日記

よく夢を見る。荒唐無稽なスト-リ-が殆どであるが時々記憶に残るものもある。
そんな中、夢日記なるものをつけてみようかと思い立ち4月13日から始めてみたが今日現在で21編もたまってしまった。
今日改めて読み直してみたが、実生活の日記より遙かにおもしろい。
地図も付け加えてあるので臨場感もバッチリである。

一番気に行っている夢は、フランスでプラタナスの植えられた通りをバスに乗って走っている夢であるが、アンリマティスの絵のような色彩感を以て記憶に留められている。

自分のもやもやとした記憶の中にもはや夢かうつつか分からぬ風景が幾つか出始めているが、この夢日記を記し続ける限り今後は幻の風景は幻として区別できよう。
吾ながら暇なことだと思うが、難点は夢を忘れぬよう眼を覚ます度に反芻しなければならぬ点である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です