日展

日展の入選に「金」や「門閥」が絡んでいるとの報道が為されている。
食品偽装同様、書道に限らず工芸、絵画と広範に渡るようだ。

作家の黒川博行氏が美術界の内情にテ-マをとった小説を多く書いているが、「金」というものは芸術の世界でも名誉を得るためには重要なフアクタ-のようだ。
本来、見る者をして心からの感動を覚えさすものが、真の芸術だと思うが人為的に評価の形づけられるものに何の価値があるのかと思ってしまう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です