夏の甲子園

夏の高校野球も終わった。
決勝戦も双方の投手陣に疲弊がなく緊迫した内容で良かった。

それにしても大阪桐蔭は強い。対戦相手も少しずつ真綿で絞め上げられていくような圧迫感、不安感を感じて厭なのではないだろうか。当分桐蔭時代は続きそうだ。
心配なのは大会ごとに重量感を増す西谷監督の体型だけであるが、勝利の後で応援席まで走る姿も難儀そうだ。痛風ではないかしらと思ったりする。

高校球児が春の選抜へ向けスタ-トを切る中、次の楽しみは秋のドラフトとなるが、つい最近まで甲子園で活躍した高校球児がプロの世界で脚光を浴びるまでの過程がかなり短縮されてきたようで誠に興味は尽きない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です