マッサン

「マッサン」は久しぶりに継続して見る朝ドラとなっている。
或る人が、「主役のC.K.フオックスが初めての日本で慣れない日本語に格闘しつつ健気に演じている。その姿に母性本能をくすぐられ見守るように日々見ている視聴者は多い」と指摘していたが頷けるところだ。

朝ドラのお陰でニッカ・ウイスキ-のお歳暮も前年の3倍増とのことだが、やはりメディア特にNHKの影響は大きい。
先日紅白歌合戦の出演者が発表されたが昨年より知らぬグル-プ名がまた増えた。
紅白への出演回数がギャラに直結する当落線上の演歌歌手達はこの時代の変化をどういうふうに受け止めているのだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です