大村先生

山梨県韮崎市の大村美術館はとても好きな美術館だ。
信州や山梨方面へ紅葉、サクラ等で足を伸ばす時、必ず立ち寄るスポットである。
収蔵品は女性画家のものが多く鈴木信太郎に関しては特別ル-ムもある。

建物自体も程良い大きさであるが最も素晴らしいのは美術館からの眺望である。
高台から甲府盆地や八ケ岳も望め、2階の休憩ル-ムで遠望を楽しみつつコ-ヒ-を味わう時間は至福のひとときである。

今まで市営なのか個人の経営なのか興味は感じつつ判然としなかったが、此の度大村先生のノ-ベル賞受賞で初めて設立の経緯を知ることができた。
先生が米企業などから得た巨額の特許料が設立の原資になっているようで素晴らしいことだ。そして女子美術大学の理事長を務められるいるということで女流作家の作品収蔵も多いようだ。今まで幾多のノ-ベル受賞者を輩出しているが科学者の域に留まらない大村先生の活動、社会への貢献には畏敬の念を覚えている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です