フィリピン人を雇用する場合

フィリピンから技術者や調理師などを直接雇用したい場合は注意が必要です。

フィリピン人を直接雇用するには、日本での在留資格の手続きをする前に、海外雇用庁(POEA)での手続きを受けていることを要します。

つまり、日本では「海外(フィリピン)から日本企業への就労が、我が国の入管法に基づいた各種要件に合致しているのか?」を審査すると共に、フィリピンでは「海外(日本)企業で働くフィリピン就労予定者の人権が守られるのか?」を調査するわけです。