外国人の年金について

年金の加入については国籍は関係なく、日本に住所を有する方は全て加入する必要があります。従って、在留カードが付与されている外国人の方も年金保険料を納めなければなりません。
しかし、老後になる前に海外に戻る外国人の方の場合は、収めた年金保険料が全くの無駄になります。
そこで「社会保障協定」という日本と外国の協定や、「任意脱退」と「脱退一時金」という日本の制度によって外国人の方の不利益を防止することが図られております。

詳しくは、近隣の年金事務所にお問い合わせ下さい。